スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Clown of God

The Clown of God: An Old StoryThe Clown of God: An Old Story
(1989/05)
Tomie dePaola

商品詳細を見る

   こちらもブログ巡りをしていて、よく目にする絵本なので
   図書館で借りました。

   ジャグリングが得意な、Giovanniの一生を描いた絵本。

   ジャグリングで評判を呼び、Clownとして活躍しますが
   時とともに人気がなくなります。
   お金も住むところもなくなったGiovanniが辿り着いた先は教会。
   そこで目にしたものは・・・。


   イラストが物悲しさがただよっているのですが、最後はウルッと
   しながらも光がさすような感覚になりました。
   よく絵本で〝宗教的な・・・〟という感想を目にするのですが
   今まではどういう意味なのかわからなくって・・・。
   でも、今回これを読んでわかったような気がしました。
   これからは、そこら辺も意識しながら読んでみよっと。
   星星星(YL1.9 1,401語)




これまでの総語数   1,772,085語



 
スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読   ジャンル : 学問・文化・芸術

No title

nappuさん、こんばんは。
Tomie dePaolaさんの絵が好きで、私もこの本読みました。
じわ~っと心にしみてくるような話ですよね。
気に入ると同じ作家の絵本を何冊か続けて読むことが多いのですが、Barbara Cooneyさんも同じ題材で「Little Juggler 」という絵本を書いていらっしゃるんですよ。
こちらはモノクロの挿絵なのですが、こちらもとってもステキでした。
図書館で借りたものだったのですが、nappuさんも機会があればぜひ~。

静かに心にきますよね

私もこの本を読んだ時、
"最後はウルッとしながらも光がさすような感覚"
まさに同じ感覚でした。(/_;)
ちょっとクラシックな雰囲気がする絵本だからか宗教的な雰囲気もしっくりくるというか、私もなるほどーと思いましたよ~。
静かに心が動く感じでした。

コメントありがとうございます!

hanazoさんへ
 早速、Little Juggler をアマゾンで探してみました。 
 こちらも、神聖な感じがする素敵なイラストですね。
 最近になってやっと、著者を意識するようになってきたので
 Tomie dePaolaさんでも検索してみたら、たくさん出ているんですね。
 図書館でリクエスト出してみようと思います。


なぎさんへ
 なぎさんも同じでしたか?!
 ラストのイラストは心穏やかになりますよね。
 かなり古いお話のようですが、いい絵本はずっと残るんですね。
 
非公開コメント

プロフィール

nappu

Author:nappu
簡単な本からコツコツと!
今日もHappy Reading^^

時にはブサカワの愛犬
バセットハウンド記事も♪

当サイトはリンクフリーです。

フリーエリア
カテゴリー
What Time?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
i Know
ブロとも一覧

■ ブログ名:高卒、マダムのやり直し英語!TOEIC学習記!英検準1級。ハコミセラピー♪

■ ブログ名:Miyukiの英語学習法研究室  ~English Portfolio~

■ ブログ名:受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

■ ブログ名:33歳主婦 中学英語から目指せTOEIC900点

■ ブログ名:ほんわか多読生活
いらっしゃ~い!
*おすすめ*
これ、読んだよ
RSSリンクの表示
gremz
リンク
Link♪
フリーエリア
1000時間やっちゃうよ!
produced by EQG
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。