スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末映画

十三人の刺客

先週見たのはこちら


私はあんまり邦画を見ないんだけど
『悪人』『十三人の刺客』と見て、
邦画もなかなか面白いじゃん!って素直に思いました。



最近の日本映画って、2時間ドラマ的なものが多くて
お金出して見るのはもったいないなって思ってたんですよね。


でも、うまい俳優さんて見ごたえあるなぁって
『悪人』も『十三人の刺客』も思いました。


出演者は役所さん始めどの人も良かったけど、久々に見た
松方弘樹さんの殺陣や所作が美しくて、
惚れ惚れしながら見てました
はじめは、もうお年なのに殺陣ができるの?なんて
思っちゃったんですがね、いやいや凄かった。生き生きしてました。
間違いなく一番うまかったです。


そして、最近良く見るようになった窪田正孝くん。
初々しさが、一生懸命さがとても良かった!
(このメンバーに入るには早いだろ!って思ったけどね)


伊勢谷友介さんは、名前を知ってる程度だったんだけど
存在感あって、怪演がお見事でした。
ラストの再登場には、 なんで?!とビックリしましたが・・・



で、SMAPファンとして、とても心配だった吾郎ちゃん。
この素晴らしい俳優さん達の中で、浮いちゃうんじゃないかってハラハラ。

結構評判いいようなんだけど、でも・・・う~ん
悪くはないんだけどね、なんか軽いんだよね。

簡単に人を殺してしまう部分は、軽さが良かったけど
頭がよく計算する部分もある人なので、その部分を演じる時に
(罠と知りながらそこへ行く場面や家臣の忠誠心を試そうとする場面)
もう少し凄みが欲しかったなぁ。


所作をもっと練習してくれたら、もう少し良かったのかも


確かにジャニーズで、犬食いやラストの殺され方は画期的なんだろうけどね。
それをジャニーズがやったって事で、話題にもなるわけだけど。


なんて、いろんな事勝手に書きましたが、
面白い映画だったよ
  
スポンサーサイト

テーマ : 映画   ジャンル : 映画

No title

十三人の刺客、ついに行ってこられたんですね~♪
見ごたえあったみたいでよかったです^^
むごいシーンもありましたけど大丈夫でしたか?

吾郎ちゃんの演技、確かにちょっと軽いようにも思いますけど(きっと大根役者だからかな^^;)、今回はそれが逆に活きてるようにも思えました^^
身動きの取れない立場、刺激のない日常に飽きて、自分に忠誠を誓う家来に対しても情の持てない人柄。
最後には気の毒に思ってしまいました^^;

にしてもほんと、伊勢谷には???でしたよね。
彼はほんとに生き残ったのかなんなのか、ずっと謎として残りそうです(苦笑)

さちこさんへ

行って来ましたよ!
いやぁこれを見といて良かった~って思う映画でしたv-237

戦争映画とか好きなんで、血とかはへっちゃらなんです。
首も作り物って思ってるから、みれちゃうし。

吾郎ちゃん、普段の演技と変わりなくて、逆に頑張ってないところはいいのかもしれませんね。
ラストは頑張ってましたが・・・。(だからちょっとくさかった・・・)

伊勢谷くんは、首の端にささったから、致命傷ではなかったってことなんでしょうか?
の割には、傷跡もみえなかったけど・・・。
本当に謎ですね。

でも、重いだけじゃなくて、遊び心あるシーンもあって(岸部一徳がらみ)
映画っていいなぁ、すごいなぁって思える作品でした。
非公開コメント

プロフィール

nappu

Author:nappu
簡単な本からコツコツと!
今日もHappy Reading^^

時にはブサカワの愛犬
バセットハウンド記事も♪

当サイトはリンクフリーです。

フリーエリア
カテゴリー
What Time?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
i Know
ブロとも一覧

■ ブログ名:高卒、マダムのやり直し英語!TOEIC学習記!英検準1級。ハコミセラピー♪

■ ブログ名:Miyukiの英語学習法研究室  ~English Portfolio~

■ ブログ名:受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

■ ブログ名:33歳主婦 中学英語から目指せTOEIC900点

■ ブログ名:ほんわか多読生活
いらっしゃ~い!
*おすすめ*
これ、読んだよ
RSSリンクの表示
gremz
リンク
Link♪
フリーエリア
1000時間やっちゃうよ!
produced by EQG
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。