スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Wave

The Wave (Penguin Readers: Level 2)The Wave (Penguin Readers: Level 2)
(1999/11/01)
Morton Rhue

商品詳細を見る
      実話を元にした話ということで気になっていて、やっと読めました。
      ヒトラーたった一人に、大勢の人が心酔する理由がわからなかったのですが
      この本で、簡単に広まっていくという恐ろしさが、わかりました。
      みんなと同じ気持ちでいると、安心し心強いのでしょう。
      
      このクラスは、一人の少女の勇気ある行動で、間違いに気付くことが
      できますが、間違いとわかっていても、言い出せない人もいるはずです。
      いじめと同じですね。
      また、解決の仕方が、あっさりと簡単だったので、ちょっと納得いかなかったです。
      のめりこんでる人が、間違いに気付くのは時間がかかると思うので・・・。
      きっと、実際は時間をかけたのでは?と思います。

      星星星星(YL2.4 7,400語)



これまでの総語数  630,916語
  



多読大好き!のポチっ、してもらえたら喜び~音符ですjumee☆SaturdayNightFeverR
スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読   ジャンル : 学問・文化・芸術

ものすごい勢いで読み進まれてますね!集団心理って、けっこう怖いですよね。間違いを指摘することは、勇気がいること…& nappu さんのおっしゃるとおり、心酔している人はナーカナカ、視点を変えるのが大変みたいですもんね。

うろこさんへ

今の読書タイムは、お風呂で半身浴の時に読んでます。
夢中になると、汗ダラダラ流しながら読んでます。
寝る前も読むんですが、1ページも読まないうちに夢の中…
しっかり眠れるので、幸せなのですが…。

こんにちは!

シリアスなテーマもペンギンリーダーズは取り上げるんですね。

毎日1冊ずつじゃないですか~?
多読カテにどんどん溜まっていきますね~!
すごいなぁ~。
私も感心していないで読まなきゃ。

読めない恐怖

に、おののきながら 読めるときに読んでます。
GRなので、薄いのでガンガン読みやすいのは、あるかもしれないですね。
いろんな本を楽しんでいます。

この話、結構えぐいですよね。思い出しました。

ところでヒットラーは庶民でも車が買えるように大衆車を開発させたり、アウトバーンの建設をしたり、女性の社会進出を促したり、社会保険を充実させたり、国民の休暇を増やしたり、雇用を創出したりと、当時のドイツ国民から見れば救世主的な政策を次々と実現していたという側面も忘れてはいけないところだと思います。彼のやった施策は今の日本の政治家が見習うべきものは意外にたくさんあるようにも思えます。ただ、その必然的な結果として財政赤字を急拡大させ、国家が破綻する帰結に向かわざるを得なかったというのも事実です。やはり手品はないということなんでしょうね。

そうなんですか @o@

ヒトラー=ユダヤ人大虐殺、アウシュビッツという感じなので、
政策面のことは知らなかったです。(知ろうとしていなかった)
そうですよね、自国民から心酔されるのは、言葉だけでは無理ですもんね。
一冊の本から、広がりました。ありがとうございます!
非公開コメント

プロフィール

nappu

Author:nappu
簡単な本からコツコツと!
今日もHappy Reading^^

時にはブサカワの愛犬
バセットハウンド記事も♪

当サイトはリンクフリーです。

フリーエリア
カテゴリー
What Time?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
i Know
ブロとも一覧

■ ブログ名:高卒、マダムのやり直し英語!TOEIC学習記!英検準1級。ハコミセラピー♪

■ ブログ名:Miyukiの英語学習法研究室  ~English Portfolio~

■ ブログ名:受験本とNHK講座中心でTOEICと英検マスターを目指すブログ

■ ブログ名:33歳主婦 中学英語から目指せTOEIC900点

■ ブログ名:ほんわか多読生活
いらっしゃ~い!
*おすすめ*
これ、読んだよ
RSSリンクの表示
gremz
リンク
Link♪
フリーエリア
1000時間やっちゃうよ!
produced by EQG
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。